トーンチャイムでこいのぼりを演奏する「にじいろラボ」のメンバー=鹿島市高津原の「にじいろラボ」

 鹿島市高津原の障害者就労支援施設「にじいろラボ」(大宅幸子施設長)で12日、にじいろコンサートが開かれた。日ごろの練習の成果を発表し、社会との交流を深める舞台に立ったメンバー。約50人の観客を前に緊張しながらも、リズミカルな演奏で会場を盛り上げた。

 今年で3回目のコンサート。メンバーは週3日2時間ずつの練習に加え、自主的に練習を重ねてきた。この日はAKB48の「365日の紙飛行機」やSMAPの「JOY」など16曲を披露。演奏やダンスを終えたメンバーは安堵(あんど)の表情を浮かべ、会場からは大きな拍手が起こった。

 キーボードを弾いた川下航太郎さん(21)=太良町=は「弾くのは楽しくて、観客からの拍手もうれしかった。もっと練習を重ねてもっと上手になりたい」と笑顔。観賞した山崎トモエさん(85)=鹿島市=は「年々、上手になっている。感動した」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加