電気ポット・ケトルの湯をかぶったり、炊飯器の蒸気に触れたりしてやけどをした3歳以下の乳幼児が、今年3月までの約6年間に230人以上に上ることが13日、消費者庁への取材で分かった。電気ポットでは旅行先で乳児が死亡した事故があった。

 子どもの手が届く高さ・範囲に製品を置いていた事故が目立つ。届かない場所で、製品のコードを引っ張るなどして倒した事故もあり、消費者庁は「乳幼児は大人と比べ皮膚が薄く重症化する恐れがある。コードも含め届かない所に置くのが重要」と注意を呼び掛けている。キッチンなど製品のある所に近づかないようゲート設置も効果的という。

 各地の30医療機関から提供を受けた情報を分析。電気ポット・ケトルでは130人以上がやけど。乳児が旅先の旅館で倒れたポットの湯を浴びて全身にやけどを負い死亡した例や、1歳児が製品自体につかまり立ちして湯がかかり、手をやけどしたケースがあった。

 炊飯器によるやけどは100人以上。1歳児が床からの高さ約70センチの棚にあった製品の蒸気に触れたり、床に置いたとみられる製品の上に乗って腹部をやけどしたりした事故があった。

 消費者庁は「湯が漏れない安全機能のある製品や、『蒸気レス』など排出抑制をうたう製品を使うのも有効」と指摘。やけどが広範囲となった場合は「緊急事態」と無理に服を脱がさず、シャワーなどで冷やし、ぬれたバスタオルで体を包みながら医療機関をすぐに受診するよう求めている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加