◆肉用牛で最大81億円 JA佐賀中央会と県農政協議会は20日、環太平洋連携協定(TPP)の発効で対策が取られなければ、県内の農畜産物生産額が全体の約4分の1にあたる最大275億円減少し、7500人の…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加