【共同】2016年公開の映画が対象の第90回キネマ旬報ベストテンが10日発表され、日本映画の1位に片渕須直監督のアニメーション作品「この世界の片隅に」が選ばれた。アニメ映画が1位になったのは「となりのトトロ」(1988年)以来。「君の名は。」はベストテンから漏れた。

 外国映画の1位はクリント・イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」。表彰式は2月5日、東京・文京シビックホールで。

 「この世界の片隅に」はこうの史代さんの漫画が原作のアニメーション映画。第2次世界大戦中の広島県呉市を舞台に、18歳で嫁ぎ、けなげに生きる女性の姿を描いた。片渕監督は監督賞も受賞。アニメ作品での同賞受賞は初めて。その他の賞は次の通り(敬称略)

 脚本賞=庵野秀明▽主演女優賞=宮沢りえ▽主演男優賞=柳楽優弥▽助演女優賞=杉咲花▽助演男優賞=竹原ピストル▽新人女優賞=小松菜奈▽新人男優賞=村上虹郎▽外国映画監督賞=クリント・イーストウッド▽文化映画1位=「ふたりの桃源郷」

このエントリーをはてなブックマークに追加