人工多能性幹細胞(iPS細胞)を網膜の視細胞に変化させ、末期の「網膜色素変性症」で失明したマウスに移植すると、目に光を感じるようになったとの研究成果を、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加