今は静かに振り返ろう。「恐怖より希望を、いさかいや不和より目的を共有することを選び、われわれは集まった」「われわれが多様な文化の寄せ集めであることは、弱さではなく力だ。この地球の至る所から集まったさまざまな言語や文化がわれわれを形づくっている」◆米オバマ大統領が就任した、8年前の演説を読み返してみると、「ケネディの再来」と呼ばれた熱気がよみがえってくる。そこには分断の危機に直面した米国を、もう一度ひとつにまとめあげるのだという強い意志がにじむ◆昨年末に米ギャラップ社が発表した「最も尊敬する人物」のトップはオバマ氏だった。政権末期にもかかわらず、9年連続で首位。共和党との対立が続き、独自色を存分に発揮するというわけにはいかなかったが、その高い志は、米国の理想を体現していたのだろう◆私たち日本人にとっては、オバマ氏の広島訪問が最大のレガシー(遺産)だ。「核なき世界」の理想を「私が生きているうちはこの目標は達成できないかもしれないが、たゆまぬ努力が大惨事の可能性を小さくする」◆ちなみに、尊敬する人の2位はトランプ氏だとか。退任演説でオバマ氏は「私たちが恐怖に屈したとき、民主主義は崩れる」と語った。忍び寄る恐怖をいかに振り払うか-。民主主義の力を、米国の力を信じたい。(史)

このエントリーをはてなブックマークに追加