宗政伸一氏

 サニックス社長、宗政酒造取締役相談役の宗政伸一(むねまさ・しんいち)氏が7日、出張先の東京都のホテルで死去した。67歳。長崎県出身。嬉野商業高校(現・嬉野高校)卒。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男寛(ひろし)氏。後日、お別れの会を開く予定。

 長崎県佐世保市で75年に創業し、78年にはサニックスの前身となる三洋消毒を設立。当初のシロアリ駆除サービスのほか、産業廃棄物処理や太陽光発電などへ進出、事業を多角化させた。

 宗政酒造(西松浦郡有田町)を85年に創業し、2010年まで社長を務めた。02年、本社工場を有田ポーセリンパーク(同町)近くに移転し、観光酒蔵「のんのこの郷」を開業した。03年には有田ポーセリンパークの運営を引き継いだ。嬉野高同窓会「嬉翔会」の会長として、同校の存続を求める活動にも取り組んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加