佐々木久元会長(左)から助成金を受け取った井手薫会長と田中亮子理事=佐賀市の佐賀ワシントンホテルプラザ

 生命保険協会佐賀県協会(佐々木久元会長)は14日、高齢者の支援団体に助成金を贈る事業で、伊万里市の「NPO栄町地域づくり会」(井手薫会長)に8万円を贈った。同会は助成金を活動の運営費に充てる。

 NPO栄町地域づくり会は2014年に地域交流拠点として「栄町ふれあい館『支温(しおん)の家』」を開設し、高齢者の支援活動を行っている。タブレットや認知症予防の講座を開いているほか、高齢者の見守りを兼ねた弁当配食などの活動を展開している。

 佐々木会長から通知書を受け取った井手会長は「たくさんの応募から私たちの活動が評価され、選ばれたのは栄誉なこと。助成決定は地域の励みになる」と感謝を述べた。

 本年度は全国から260団体の応募があった。52団体を選出し、総額500万円を贈る。

このエントリーをはてなブックマークに追加