答辞を述べるキャリアデザイン学科の宮﨑美奈子さん=佐賀市の佐賀女子短期大学

■感謝、胸に未来へ一歩 

 佐賀市の佐賀女子短大で14日、卒業式が開かれた。はかま姿や故郷の民族衣装姿で華やかに装った学生188人が卒業証書と修了証書を受け取り、慣れ親しんだ学びやを巣立った。

 健康福祉、こども、キャリアデザイン学科の学生ら181人が卒業を迎え、台湾や中国から来た日本語別科と短期留学の学生7人が修了証書を受け取った。南里悦史(よしふみ)学長は「大人になるということは人間らしく生きること」とはなむけの言葉を贈り、卒業生代表の宮崎美奈子さん(キャリアデザイン学科)は「卒業生の数だけ感謝の気持ちがあふれています」と涙で言葉を詰まらせながら答辞を述べた。

 韓国から留学してキャリアデザイン学科を卒業し、佐賀空港で保安業務の仕事に就く咸政誾(ハムジョンウン)さん(25)は「佐賀は住みやすくて楽しい所。学校も楽しかった」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加