六角川水系で水に関する活動に取り組んでいる団体が活動報告し、パネルディスカッションで連携したまちづくりを探る「さがため池サミット」が19日、武雄市の武雄温泉ハイツで開かれる。

 午後5時に開会。肥前浜宿水とまちなみの会(鹿島市)、塩田津町並み保存会(嬉野市)、縫(ぬい)ノ池湧水会(白石町)、武雄温泉保養村の環境を考える会(武雄市)が活動を報告した後、九州大学の島谷幸弘さん(環境工学)、樋口明彦さん(景観工学)をコーディネーターに「水辺のまちづくり」のテーマでパネル討議する。

 聴講は無料。会の後は交流会(参加費2000円)もある。問い合わせは井上さん、電話090(8622)2025。

このエントリーをはてなブックマークに追加