自主トレーニングで坂道ダッシュをするソフトバンク・本多=嬉野市

■恒例の嬉野自主トレ

 ソフトバンクの本多雄一内野手が11日、嬉野市で自主トレーニングを公開した。昨季は3年ぶりに100試合以上となる110試合に出場し、打率2割8分、23盗塁。通算350盗塁まで残り16としており「かなり意識している。達成したい。(シーズン全体の盗塁数で)40はいきたい」と目標を掲げた。

 トレーニング期間中は「走攻守でスピードを求めたい」と、体の動きの改良に取り組んでいる。走りでは、肘先にひねりを加えたような腕の振り方に変えた。上半身の無駄な力が抜け、20メートル走のタイムが向上したという。充実感を漂わせる32歳のベテランは「143試合、フルに出たい」と意気盛んだった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加