「臨 伊都内親王願文」 丸尾優美(白石2年)

「臨 王鐸」 北原さやか(唐津西2年)

「臨 張遷碑」 木室美遥(鹿島2年)

■「臨 伊都内親王願文」 丸尾優美(白石2年)

 四文字のバランス、配置が難しくて苦戦しましたが、伸びやかさや筆勢を意識して臨書しました。

■「臨 王鐸」 北原さやか(唐津西2年)

 字の連続を意識して、王鐸の動きある書を表現しました。また、潤渇をつけ、立体感のある作品に仕上げました。

■「臨 張遷碑」 木室美遥(鹿島2年)

 張遷碑の持つ伸びやかさ、力強さを表現しました。今回、特選に選ばれて、とてもうれしく思います。

(敬称略)

このエントリーをはてなブックマークに追加