大王製紙は14日、「エリエール」ブランドのティッシュペーパーなど全ての家庭用紙製品を10%以上、値上げすると発表した。最近の円安が要因で、5月1日から卸売業者などへの出荷価格を引き上げる。ティッシュ5箱、トイレットペーパー12ロールの店頭価格はそれぞれ20~30円程度上がる見通しで、円安の副作用が身近な日用品に及んできた。

 値上げはキッチンタオルなども対象。円安で原材料のパルプと古紙の輸入価格が高騰しているほか、ガスや電気などのエネルギーコストも上昇し、生産・物流経費の削減では吸収しきれないと判断した。値上げは2015年8月以来となる。

 大王製紙は家庭用紙製品では国内首位。最近は外国人旅行者の増加でホテルや商業施設での需要が伸びているが、量販店での安売り競争は激しく、値上げで採算を改善したい意向もある。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加