厚生労働省神奈川労働局は11日、三菱電機(東京)が入社1年目の男性社員(31)に労使協定で定めた上限を超える残業をさせていたとして、労働基準法違反容疑で同社などを書類送検した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加