「恋ってのは、それはもう、ため息と涙でできたものですよ」-。シェイクスピアの『お気に召すまま』では、恋の未練が語られる。彼女/彼にささげた時間や情熱を考えれば、すんなりとは断ち切れない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加