線路をふさいだ樹木や土砂を重機で撤去する作業員=7日午前10時7分、西松浦郡有田町赤絵町

線路内に土砂が流れ込み、運転を見合わせていたJR佐世保駅線が再開し、有田駅に到着した佐世保発肥前山口行きの列車=8日午後3時45分

 西松浦郡有田町の線路内に土砂が流れ込み、運転を見合わせていたJR佐世保線の肥前山口(杵島郡江北町)-早岐(長崎県佐世保市)間の運行が8日午後3時過ぎ、約43時間ぶりに再開した。

 JR九州によると、上有田駅と有田駅間に、約15メートルにわたって土砂が流れ込んでいると、警察や消防からの連絡を受け、6日午後8時過ぎから運行を休止していた。7日朝から線路上の土砂や樹木を取り除く作業を行い、安全確認を行っていた。

 有田駅で佐世保行きの列車を待っていた町内の会社員男性(60)は「列車に代わる交通手段がなく、困っていた。今日中に用を済ませられる」と待ちかねたように乗り込んでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加