「パンは一口大にちぎってから食べなさい」。取材をしながら小学校の頃、先生から教わったことを思い出した。当時、給食のパンに縫い針が混入する事件が全国的に問題になっていたためだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加