【美術】

 「2016ふたたび久留米からはじまる。九州洋画」久留米市美術館開館を記念し、青木繁や坂本繁二郎など九州にゆかりのある64人の洋画家らの作品約110点を紹介(22日まで、久留米市美術館)電話0942(39)1131

 ▽「いいからいいから 長谷川義史の世界展」「おかあちゃんがつくったる」などで知られる大阪出身の絵本作家の展示。代表作から10作品の原画やスケッチ、制作道具など約150点(2月5日まで、田川市美術館)電話0947(42)6161

 ▽「フィンランド・デザイン展」巨匠アルヴァ・アアルトの家具やマリメッコの製品、ムーミンのイラスト原画など約700点を通じ、世界中で愛されるフィンランドのデザインの歩みを紹介(14日~3月20日、福岡市博物館)電話092(845)5011

【舞台】

 ▽パルコ・プロデュース公演「スルース-探偵」アンソニー・シェーファーによるトニー賞受賞の傑作サスペンス劇。女と金をめぐり心理戦を繰り広げる2人の男を西岡徳馬と音尾琢真が演じる(14日14時、ももちパレス)電話050(3539)8330

 ▽「九州宝生会定期公演 初春能」演目は能「春日龍神(かすがりゅうじん)」「桜川(さくらがわ)」、狂言「舟(ふね)ふな」ほか。出演は宝生和英(かずふさ)、東川光夫、野村万禄ら(15日13時、大濠公園能楽堂)電話092(751)8257

【コンサート】

 ▽「SINSKEマリンバコンサート MUSIC TRAVELERS」音楽の世界旅行をテーマにしたシリーズ公演の第2弾はアメリカと日本の名曲をおくる(15日15時、電気ビルみらいホール)電話092(406)1771

 ▽「南こうせつコンサートツアー2017-緑の旅人」フォークソングの第一人者がヒット曲の数々を披露(17日18時半、キャナルシティ劇場)電話092(712)4221

【その他の美術】

 ▽「池田学展 The Pen-凝縮の宇宙」緻密なペンの線で壮大な世界を描き、国際的に高い評価を得るアーティストの個展。巨大な新作「誕生」を含む約120点で池田の画業の全貌に迫る(20日~3月20日、佐賀県立美術館)電話0952(25)7236

【週間予定・九州】

15日 玉替祭(福岡県久留米市・高良大社)▽破魔弓祭(熊本県長洲町・四王子神社)▽ホーランエンヤ(大分県豊後高田市・えびす橋~御玉橋)

16日 綿津美神社わいわい祭(北九州市小倉北区・綿津美神社)

17日 「筑後川北岸の古代遺跡」(3月20日まで、福岡県小郡市・九州歴史資料館)

20日 裸まつり(熊本県苓北町・上津深江八坂神社ほか)

21日 「島津の至宝―文化財と地域博物館の魅力」(3月5日まで、宮崎県都城市・都城島津邸)▽本部八重岳桜まつり(2月5日まで、沖縄県本部町・八重岳)

このエントリーをはてなブックマークに追加