JリーグのYBCルヴァン・カップ1次リーグが開幕。第1節の15日は、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで6試合があり、B組のサガン鳥栖はアルビレックス新潟と2-2で引き分けた。

 B組のC大阪は横浜Mに2-0で快勝。広島-甲府は引き分けた。A組のFC東京は仙台に6-0と大勝。今季J1復帰の札幌が磐田を2-0で破り、柏は清水を1-0で下した。

 鳥栖は第2節の4月12日は休養日。第3節の4月26日午後7時から、ベストアメニティスタジアムでC大阪と対戦する。

 今年から、21歳以下の1選手以上を先発に入れることを定めた。

 1次リーグは7チームずつ2組に分かれ、各組1位とA組2位-B組3位、B組2位-A組3位の勝者の4チームが8強へ。アジア・チャンピオンズリーグに出場している昨年覇者の浦和や鹿島、川崎、G大阪は準々決勝から登場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加