情報セキュリティー会社や警察庁などの連携組織「日本サイバー犯罪対策センター(JC3)」は、パソコンのデータを暗号化して読めなくし、復旧名目で金銭を要求するウイルス「ランサム(身代金)ウエア」対策の特設ページをつくり、ホームページで公開した。被害に遭った場合に使える可能性のある暗号解除ツールの使い方も解説している。

 日本でも昨年から被害が急増しているが、ウイルスの種類によってはセキュリティー会社などが無償で提供する暗号解除ツールを利用することでデータが元に戻ることもあるという。特設ページのアドレスは以下の通り。【共同】

https://www.jc3.or.jp/info/nmransom.html

このエントリーをはてなブックマークに追加