県内のパチンコ店でつくる遊技業協同組合(森孝輝理事長)は16日、嬉野市の児童養護施設「済昭園」(小佐々良徹施設長)の子どもたちに、お菓子や図書券のクリスマスプレゼントを贈った。

 野中伸一副理事長ら2人が訪れ、施設で暮らす2~18歳46人分のお菓子と一人2千円分の図書券をプレゼント。直接受け取った子どもたち4人は「おやついっぱいもらった。イエーイ」と大興奮だった。

 同組合は毎年、県内6カ所の児童養護施設にクリスマスプレゼントを配る取り組みをしており、今年で11年目。小佐々施設長は「毎年正月2日、いただいた図書券で好きな本を買うのが子どもたちの楽しみ」と感謝する。野中副理事長は「子どもたちの明るさでかえって慰められる気持ちになる」と笑みをこぼした。取り組みは今後も続けていくという。

このエントリーをはてなブックマークに追加