15日午後1時10分ごろ、福岡市の博多港内で、壱岐海運(長崎県壱岐市)の貨物船第28壱岐丸(160トン、3人乗り組み)が防波堤に衝突、機関長小島文勝さん(61)=壱岐市=が頭を強く打って死亡し、船長久間辰雄さん(64)=同=ら2人が顔や頭にけがをした。福岡海上保安部によると、船長は「居眠りしていた」と話しており、業務上過失致死傷容疑で調べる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加