バドミントン女子団体決勝・山内―牛津 第1ダブルスを制し、優勝に貢献した山内の池田侑茉・山口愛華(手前)組=佐賀市の旭学園体育館

 第54回佐賀県中学校総合体育大会は8日、佐賀市の旭学園体育館などでバドミントンと体操の2競技があった。バドミントン女子団体は山内が2年連続2度目、男子は大和が2年ぶり6度目の頂点に立った。

 体操は男子の規定演技を行い、個人総合は原一総(鳥栖)が37・500点で暫定首位につけた。

 9日は同体育館などでバドミントン個人の決勝までと空手道、体操、新体操男子がある。

■終盤ミスも冷静に

 1単2複で競うバドミントン女子団体は、山内が2連覇を達成した。山下俊元コーチは「気合とともに冷静さもあり、最高の状態で試合ができた」と奮闘の選手たちをたたえた。

 決勝は、準決勝で第4シードの大和を倒した牛津と対戦。第1シングルスはエースの本多芙羽が相手の粘り強いレシーブに耐え、21-14、21-10で制した。

 第1ダブルスの池田侑茉・山口愛華ペアは互いに点を取り合う接戦に。終盤のミスの場面も「気持ちを切り替え、落ち着いて攻めることができた」と池田。相手の力強いスマッシュを乗り越えて攻め勝った。

 再び栄冠を手にした本多主将は「まだまだミスも多い。しっかり練習し、1試合でも多く勝てるよう頑張りたい」と、九州大会に向けて気を引き締めた。

【成績】

■バドミントン

 ◇第1日

 【男子】団体決勝トーナメント1回戦 山内2-0香楠▽同準々決勝 大和2-0山内、唐津一2-1北方、玄海2-0鳥栖、七山2-0武雄青陵▽同準決勝 大和2-1唐津一、七山 2-0玄海▽同3位決定戦 唐津一2-1玄海

 ▽同決勝

大   和 2-1 七   山

(大和は2年ぶり6度目)

 【女子】団体決勝トーナメント1回戦 三日月2-0鳥栖、上峰2-0唐津一、基山2-1武雄青陵▽同2回戦 山内2-0三日月、玄海2-0川登、三田川2-1香楠、肥前2-1大町、牛津2-0上峰、鳥栖西2-0北方、多久中央2-0千代田、大和2-0基山▽同準々決勝 山内2-0玄海、肥前2-0三田川、牛津2-1鳥栖西、大和2-0多久中央▽同準決勝 山内2-0肥前、牛津2-0大和▽同3位決定戦 大和2-0肥前

 ▽同決勝

山   内 2-0 牛   津

(山内は2年連続2度目)

■体操

 ◇第1日

 【男子規定】個人種目別床 (1)原一総(鳥栖)9・300点(2)岡崎真士(同)9・000点(3)川端海璃(三日月)原健太郎(鳥栖)8・700点▽同あん馬 (1)原一総、岡崎真士9・400点(3)川端海璃9・000点▽同跳馬 (1)川端海璃9・475点(2)原一総9・450点(3)原健太郎8・775点▽同鉄棒 (1)原一総9・350点(2)岡崎真士9・300点(3)川端海璃8・900点

このエントリーをはてなブックマークに追加