全九州高校体育大会は8日、佐賀市の県総合体育館などで8競技があった。県勢はフェンシング男子個人エペの杠星哉(佐賀商)が優勝、女子フルーレの井手萌加(同)と同サーブルの原田渉未(同)が準優勝した。

 ソフトボールは男子の牛津が1回戦の日田林工(大分)、2回戦の延岡工(宮崎)をいずれも7-0のコールドで破り、ベスト4に進んだ。女子は天候不良で1回戦のみを行い、佐賀女子が玉名女(熊本)に10-0の五回コールド勝ちを収めた。

 9日は同体育館などで9競技がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加