1回戦・鳥栖工-東明館 1回裏東明館2死満塁、7番寺﨑拓真が中前に2点適時打を放ち、3-0とする=みどりの森県営球場

 東明館が着実に得点を重ね、鳥栖工に六回コールド勝ちした。

 東明館は初回2死から3番野口の左前打を足掛かりに、7番寺崎の中前打などで3点を先制した。四回は1番久保山からの4連打で3点、五回も2点を追加。六回無死満塁から寺崎の中越え二塁打で2点を奪い、試合を決めた。投げては木谷、緒方が被安打3で完封リレーした。

 鳥栖工は3安打。東明館の2投手を攻略できなかった。

■談話

 鳥栖工・原口恭輔(五回に意地の右中間二塁打を放つ)実力不足。チャンスをつくることはできたが生かせす、フライも多かった。

 東明館・寺崎拓真(3安打4打点の活躍)肩が上がりすぎないように、体の力を抜くことを意識した。この結果におごらず、次に臨みたい。

鳥栖工0―10東明館

鳥栖工000 000   0

東明館300 322x 10(六回コールド)

▽二塁打 原口(鳥)野口、秋吉、寺崎2(東)

  鳥栖工打安点

(6) 原 口310

(4) 古 賀300

(8) 鶴 野310

(3) 千 年310

(9) 磯 野200

(7) 吉 谷200

(1) 高 田100

(2) 田 中200

(5) 山 口200

   計 2130

 振球犠盗失併残

 4120106

  東明館打安点

(4) 久保山310

(6) 小 川421

(5) 野 口422

(2) 木 実221

(7) 秋 吉310

R 中 村000

(1)3木 谷301

(3)9寺 崎434

(9) 安 永310

1 緒 方000

(8) 稲 田211

   計 281310

 振球犠盗失併残

 7425209

投 手回 安振球

高 田50/31374

木 谷5 331

緒 方1 030

このエントリーをはてなブックマークに追加