公選法改正で選挙権年齢が「18歳以上」となったことを受け、中教審答申は義務教育段階から主権者教育に取り組むよう提言した。現実の問題を考えるために、新聞の活用も推奨している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加