協定書に調印し、握手を交わす佐賀女子短大の南里悦史学長(右)と福博印刷の宮原和弘社長=佐賀市の同短大

 佐賀女子短大と福博印刷(いずれも佐賀市)は12日、産学連携協定を結んだ。地域に貢献できる人材の育成を目的に、福博印刷がインターンシップ(就業体験)で学生を受け入れ、商品開発などに学生の声を生かす。

 事務業務を中心に受け入れ、若者向けの商品開発やマーケティング業務で学生に協力してもらう。同社が運営するウェブクリエーター養成スクールも受講できる。

 同短大で開いた調印式では、南里悦史学長が「地域が期待する学生の育成は、教室の中だけではなし得ない。インターンシップなど現場での教育が欠かせない」と連携に期待し、福博印刷の宮原和弘社長は「社会貢献、地域貢献のレベル向上が期待できる」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加