日本代表合宿からチームに合流したPV酒井翔一朗(中央)とLB八巻雄一(右)。チーム浮揚のキーマンとして期待がかかる=神埼市のトヨタ紡織九州クレインアリーナ

 ハンドボールの高松宮記念杯第7回全日本社会人選手権大会が17日、福井県で開幕する。県勢は日本リーグ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)が出場。同日午後1時40分から予選トーナメントの1回戦でHONDA(三重県)と対戦する。

 大会には日本リーグのチームに加え、下位リーグにあたるチャレンジ・ディビジョンや国体の強化チームなど12チームが出場。3チームずつで争う予選の各組1位が決勝リーグに進む。

 トヨタ紡織九州には今年2月、韓国代表のCB金東〓(キム・ドンチョル)が加入。得点力アップを図るとともに、新たな守備陣形を採用しており、今シーズン最初の大会で4強入りを目指す。

※〓は吉の右に吉

 石黒将之監督は「トップチームとも対等に渡り合い、自信を得る大会にしたい」と抱負を語る。

このエントリーをはてなブックマークに追加