北陸新幹線の未着工区間の福井県・敦賀以西のルートについて、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)は15日、京都-新大阪は京都府南部の京田辺市を経由する「南回り案」とすることを正式決定した。敦賀-京都は昨年末に福井県・小浜を通る「小浜京都ルート」に決まっており、1973年の整備計画の決定以来40年余りで、北陸新幹線全線のルートが確定した。

 地元自治体は早期の全線開業を強く要望しており、2031年春以降とされる着工時期の前倒しや、2兆1千億円に上る建設財源の確保が焦点となる。構想段階である山陰、四国各新幹線など基本計画の実現を求める声も高まりそうだ。

 PT座長の茂木敏充自民党政調会長は会合後「整備効果を十分に発揮するには早期の全線開通が必須だ。(財源確保の)議論を遅滞なく進めたい」と述べた。

 ルート決定を受け、国土交通省などは17年度当初から1~2年かけて詳しい経路や駅の位置を決めるための調査を実施。その後4年程度で、環境影響評価(アセスメント)法に基づき、建設工事や列車走行による騒音や振動、生態系や景観への影響を調べる計画だ。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加