BMWが全面改良した「5シリーズ」=12日午後、東京都江東区

 BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京)は12日、主力の高級セダン「5シリーズ」を7年ぶりに全面改良し、2月11日に発売すると発表した。渋滞時に先行車に追従するなどの自動運転技術を搭載したほか、車体の軽量化で加速や燃費性能を向上させた。

 新型5シリーズは、後部バンパーに組み込んだセンサーが後方の車を監視。接近しすぎて衝突の恐れがある場合に、ハザードランプを点滅させて後続ドライバーに注意を促す機能を搭載した。東京都内で記者会見したビー・エム・ダブリューのペーター・クロンシュナーブル社長は「安全性と性能を向上させた最善の5シリーズだ」と強調した。

 ガソリンエンジンのほか、クリーンディーゼルやプラグインハイブリッド車(PHV)モデルを用意し、クリーンディーゼルの燃費は軽油1リットル当たり21・5キロ。希望小売価格は599万~1017万円。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加