鹿児島県曽於市がふるさと納税の返礼品として用意したキャンピングカー(製造会社提供)

 鹿児島県曽於市は15日、ふるさと納税の返礼品に1台約250万円のキャンピングカー5台を用意し、4月1日付で寄付の募集を始めたと明らかにした。500万円以上の寄付者が対象で先着順となる。返礼品価格を寄付額の3割以下と求めた同日付の総務省通知には「早急に対応できなかった」としている。

 キャンピングカーは市内で自動車製造などを手がける「バンショップミカミ」が、新車の軽トラックを改造し、2段ベッドや冷蔵庫などを備え付けた。曽於市が2016年度から返礼品に加え、好評だったため17年度も継続した。

 ふるさと納税は返礼品の価格が納税額の5割を超えるケースもあり、競争が過熱。自治体は総務省通知を受け返礼品を見直し、価格を3割以内に抑える動きが広がる。

 総務省は「通知で廃止を求めた高額品や資産性の高い品などに当たる可能性があり、見直しの要請を今後検討する」と説明している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加