【巡回車】

 11日

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制)▽8時半=神埼市・神埼町中央公民館、白石町総合センター▽8時45分=唐津市・北波多総合保健センター(予約制)、太良町・しおさい館

 ◆子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制)▽8時45分=太良町・しおさい館(乳がん検診のみ先着55人まで、子宮がん検診は10時開始)▽13時=唐津市・北波多総合保健センター(予約制)

 ◆献血車 8~11時=佐賀市・佐賀青果市場▽13~15時半=佐賀市・佐賀整枝学園 こども発達医療センター

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 【行政・人権相談】

 ◆行政相談

10日 大町町総合福祉保健センター美郷(10~15時)

11日 小城市役所別館(13時半~15時半)▽神埼市千代田支所(13~16時)▽みやき町中原庁舎(9時~正午)▽嬉野市嬉野老人福祉センター(9時~正午)▽唐津市ひれふりランド(9時~正午)▽唐津市肥前市民センター(13~16時)▽唐津市鎮西市民センター(13~16時)

12日 佐賀市三瀬公民館(9時半~正午)▽佐賀市久保田老人福祉センター(10時~正午)▽佐賀市川副支所(9時~正午)▽鳥栖市役所(9時半~15時半)▽白石町福富ゆうあい館(9時~正午)

13日 鹿島市役所(13~15時半)

14日 佐賀市役所(13時半~16時半)▽神埼市脊振支所(9時~正午)

 ◆人権相談

11日 佐賀市役所(13時半~16時半)▽みやき町中原庁舎(9時~正午)▽神埼市千代田支所(13~16時)▽小城市役所別館(13時半~15時半)▽唐津市浜玉町ひれふりランド(9時~正午)

12日 佐賀市三瀬公民館(9時半~正午)▽佐賀市川副支所(9時~正午)▽鳥栖市役所(9時半~正午)▽嬉野市中央公民館(塩田公民館、9時~正午)▽唐津市神集島公民館(12時40分~15時)

14日 神埼市脊振支所(9時~正午)

 【講演会】

 ◆女性の大活躍推進セミナー講演会

 (11日13時半、佐賀市のアバンセ)カルビー代表取締役会長兼CEOの松本晃氏が「カルビー流ダイバーシティ戦略」と題し、同社の取り組みを例に、これからの企業の人材活用法を語る。講演後、パネルディスカッションもある。受講無料、事前申し込みが必要。定員300人(先着順)。申し込み・問い合わせは県男女参画・女性の活躍推進課、電話0952(25)7062。

 【展覧会】

 ◆色DE遊ぼ!!丹下幸江・服福展

 (15日まで、佐賀市白山のギャラリー遊)岐阜県在住の服飾作家丹下さんが、木綿や麻などの自然素材の布に楽しいイラストを描いた洋服など約120点を展示販売。電話0952(23)4997。

 ◆企画展「バーチャル名護屋城の世界(2)」

 (9月3日まで、唐津市鎮西町の県立名護屋城博物館)2015年から始まった「バーチャル名護屋城」の第2弾企画。展示室にモニターを設置し、地形測量などを行いながらCGで城が再現されていく過程を映像で紹介する。体の動きを感知して画面が変化するギミックも。電話0955(82)4905。

 ◆「発掘された佐賀」展

 (16日まで、佐賀市本庄町の佐賀大学美術館)県内で実施された発掘調査で得られた情報や研究成果を、県教育委員会と佐賀大学が連携し公開する。勝尾城筑紫氏遺跡(鳥栖市)、唐津城跡(唐津市)などに関する出土品など。問い合わせは県教育委員会文化財課、電話0952(25)7232。

 ◆小川泰彦染色展

 (16日まで、佐賀市天神の画廊憩ひ)日本新工芸家連盟顧問など務める染色家小川泰彦さん(佐賀市)が、長年のメーンテーマとして制作してきた「有明海」の作品を中心に展示する。電話0952(23)2353。

 ◆新収蔵品展

 (16日まで、佐賀市本庄町の佐賀大学美術館)2016年度に同大美術館へ寄贈された作品、資料を紹介。「特美」の基礎を築いた緒方敏雄(彫刻)や久富邦夫(洋画)の作品、資料のほか、楢崎重視さんの絵画など約20点を展示。電話0952(28)8333。

 ◆特別展「日本画山脈 再生と革新~逆襲の最前線」

 (17日まで、唐津市新興町の市近代図書館)「戦後日本画の再生」に挑んだ7人の“巨山”を中心に、戦後の流れを受けて花開いた巨匠たちや、新世代作家たちの表現を通し、戦後~現在の日本画壇の流れを見つめる。入館料は一般500円、高校生以下無料。電話0955(72)3467。

 ◆第38回九州新工芸展

 (17日まで、有田町戸杓乙の県立九州陶磁文化館)九州新工芸家連盟の会員・会友、一般公募による作品を展示。陶芸、金工、漆芸、染織、木竹、人形など、さまざまなジャンルの工芸品が並ぶ。電話0955(43)3681。

 ◆相川加津美展

 (18日まで、佐賀市兵庫北のギャラリー「クレーンズ・アート」)現代美術家でつくる「コンテンポラリーアートSASEBO」の作家相川さん(佐世保市)が、「在」をテーマに平面作品を展示。

 【近 県】

 ◆チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地

 (15日~9月3日、長崎市立山の長崎歴史文化博物館)最新のデジタルテクノロジーを駆使した体験型知育空間で、子供たちが体や頭を動かしながらアートを体験するイベント。描いた絵がスクリーンを泳ぐ「お絵かき水族館」や、触ると色が変化し音が鳴るボールで遊ぶ「光のボールでオーケストラ」などのアトラクションがある。料金は大人1200円、中高生1000円、3歳以上800円。電話095(818)8366。

このエントリーをはてなブックマークに追加