折り紙などを使って七夕飾りを作る家族=有田町町民ロビー

 有田町の住民でつくる図書室応援団(野中眞智子代表)の第16回七夕まつりが1日、有田町町民ロビーであった。園児や小学生約70人とその保護者が、ササ竹を飾り、願い事を書いた短冊を結びつけた。

 子どもたちは応援団が準備した折り紙や紙でつくった花や星などを選んでササ竹に飾り付けた。上野動物園で6月に誕生した雌のパンダにちなんだパンダの折り紙も人気を集めていた。短冊には「工作が上手になりますように」「跳び箱が跳べますように」などの願いが書かれていた。

 図書室に親しみを持ってもらい、利用者を増やそうと毎年行っている。ボランティアグループメンバーの絵本の読み聞かせもあり、子どもたちは作業の手を休めて物語に引き込まれていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加