女子団体組手決勝・田代-鳥栖西 先鋒戦で田代の髙取美幸(左)が鳥栖西・川原琉花を下す=佐賀市の市村記念体育館

■田代、攻め貫き主導権 女子団体組手

 鳥栖市勢同士の顔合わせとなった空手道の女子団体組手決勝は、第1シードの田代が鳥栖西を3-0で破り、優勝を飾った。積極的に攻め続け、先鋒(せんぽう)から大将まで相手に1ポイントも許さなかった。

 切り込み役の高取美幸は個人組手も優勝。その勢いに乗り、得意の上段突きでポイントを稼ぎ、主導権を握った。後続の黒岩千寛、石橋杏奈も流れに乗った。

 田代はこれまで社会体育で活動し、今年4月に運動部として始動したばかり。団体形も制し、主将の高取は「後輩や先生からの応援でモチベーションを高めることができた。九州大会でも入賞を狙う」と意気込んだ。

 平島健太監督は「優勝は彼女たちが自分で考え、話し合いながら練習を進めてきた結果。大会で明確になった課題を修正したい」と話した。

■成績

 【男子】団体形 (1)江北(2)大和(3)神埼、多良▽同組手 (1)大和(2)江北(3)三根、東脊振▽個人形 (1)周防頼翔(大和)(2)北莉暢(鹿島西部)(3)竹島怜音(大浦)周防聖来斗(大和)▽同組手 (1)竹谷恵雲(鳥栖西)(2)加治翼(香楠)(3)久保田竜成(城東)高尾翔海(三根)

(団体形は江北が4年ぶり5度目、同組手は大和が初の優勝)

 【女子】団体形 (1)田代(2)鳥栖西(3)相知▽同組手 (1)田代(2)鳥栖西(3)城東▽個人形 (1)川原琉花(鳥栖西)(2)石橋杏奈(田代)(3)村田紅葉(肥前)高取美幸(田代)▽同組手 (1)高取美幸(田代)(2)岡本依央理(城東)(3)村田紅葉(肥前)川原琉花(鳥栖西)

(団体形は田代が2年連続2度目、同組手は田代が3年連続3度目の優勝)

このエントリーをはてなブックマークに追加