全九州高校体育大会は9日、佐賀市の県総合運動場などで8競技があり、佐賀県勢は7競技に出場した。フェンシング団体は佐賀商が男女そろって準優勝。剣道男子団体の龍谷、相撲個人80キロ未満級の外尾祐樹(清和)も準優勝を飾った。

 ソフトボールは雨天のため行われず、1回戦まで実施済みの女子は2回戦以降も中止となった。

 10日は武雄市白岩運動公園で男子ソフトボールの準決勝と決勝があるほか、長崎県で開催された登山の成績発表がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加