フェンシング女子学校対抗決勝・佐賀商-鹿児島南 鋭い出足で攻め込む佐賀商の福永瑛美主将=佐賀市の県総合体育館

■全国レベル経験飛躍へ

 3選手の総当たりで競うフェンシング・フルーレ団体は、地元開催の佐賀商が男女ともに準優勝を果たした。

 女子は初戦の宮崎南を5-0、準決勝の大分豊府を5-1と圧倒。鹿児島南との決勝は序盤から流れをつかみきることができず、2-5で敗れた。福永瑛美主将は「小さなミスで相手に流れを渡してしまい、悔しい」。3週間後に迫るインターハイに向け、「しっかりと修正してベスト8を目指す」とリベンジを誓った。

 男子は昨年の全国総体の覇者、別府翔青(大分)と対戦。「技術もフットワークもレベルが違った」という相手に対し、自分たちの戦いができず、0-5で完敗した。それでも、杠星哉主将は「全国レベルの選手と戦えて良い経験になった。インターハイでは初戦突破を目指す」と前を向いた。

 【男子】学校対抗準決勝 佐賀商5-4長崎工

 ▽決勝

別府翔青  5-0 佐 賀 商

(大分)

 【女子】学校対抗準決勝 佐賀商5-1大分豊府

 ▽決勝

鹿児島南  5-2 佐 賀 商

このエントリーをはてなブックマークに追加