試験の開始を待つ受験生たち=佐賀大学本庄キャンパス(佐賀県佐賀市)

 大学入試センター試験が14日、全国一斉に始まり、佐賀県内では佐賀市の佐賀大学本庄キャンパスと鍋島キャンパスの2会場で試験が実施されている。大学によると、午前9時30分現在、トラブルの報告はない。

 本庄キャンパスでは、高校や予備校ごとに集まった受験生が教師から激励を受けた後、試験会場に向かった。午前9時半から地理歴史と公民の試験があり、午後からは国語と外国語の筆記、リスニングを行う。

 県内で受験する出願者数は、前年より66人少ない3800人。本庄キャンパス周辺は送迎の車による混雑が予想され、大学は公共交通機関の利用を呼び掛けている。最終日の15日は理科と数学がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加