北島恭一取締役会長

 佐賀市の佐賀市北商工会が12日、同市大和町のホテル龍登園で講習会と交流会を開いた。出席した約110人の会員らが互いの活動や商品を知り、業種を超えて親交を深めた。

 大和酒造の北島恭一取締役会長と旅館大和屋の山口勝也さんは、小規模事業者持続化補助金の活用事例を紹介。会員たちに新しいビジネスモデルへの挑戦を促した。交流会では23事業者が自慢の商品や新製品を並べ、PRした。

 佐賀市北商工会は大和、富士、三瀬の商工会が合併し8年目を迎えた。参加者は「普段会う機会がない業種の方との話は勉強になる。合併して、また輪が広がった」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加