日本相撲協会は大相撲春場所5日目の16日、世界選手権軽量級で2連覇の実績を持つ中村改め炎鵬(宮城野部屋)ら新序一番出世力士19人(うち再出世3人)を発表した。夏場所(5月14日初日・両国国技館)から番付にしこ名が載る。出世力士は次の通り。かっこ内は出身地、部屋。

 福山(鹿児島、藤島)魁鵬(兵庫、友綱)永谷(愛知、錣山)田中(兵庫、田子ノ浦)井上改め天(神奈川、錣山)田辺(岐阜、木瀬)藤田(栃木、藤島)藤川(佐賀市出身、尾車)田井中(神奈川、藤島)山藤(岐阜、出羽海)斎藤改め聖冴(大阪、錣山)炎鵬(石川、宮城野)光内(高知、阿武松)中尾改め勇聖(大阪、阿武松)北斗(大阪、伊勢ケ浜)古川改め町田(大阪、九重)朝倉(千葉、時津風)当真改め魁当真(神奈川、浅香山)上戸(愛知、立浪)【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加