県スポーツ功労賞の受賞者を代表してあいさつする秀島久夫さん=県庁

 2016年度の県スポーツ功労賞授賞式が16日、県庁であり、地域や職域でスポーツの普及と推進に貢献した指導者やクラブなど16団体・個人を表彰した。

 式では白井誠県文化・スポーツ交流局長が一人一人に賞状を手渡し「これまでの長年のみなさんのご尽力に敬意を表したい」とあいさつ。受賞者を代表し、少年柔道道場で長年指導に携わってきた秀島久夫さん(74)=小城市=が「表彰を励みとし、多くの県民が生涯にわたってスポーツを楽しめる環境づくりに努力する」と誓った。

 他の受賞者は次の通り。=敬称略

 【功労者賞】嘉村英哲(佐賀市・障害者スポーツの指導)、小林和夫(武雄市・少年サッカーの指導)、佐伯洋(唐津市・テニスの指導)、佐藤忠克(鳥栖市・軟式野球の指導)、水田和幸(佐賀市・陸上競技の指導)

 【功労団体賞】スポーツクラブ 芦刈ジュニアソフトテニスクラブ(小城市)、打上かけっこクラブ(唐津市)県障害者水泳クラブ(佐賀市)▽スポーツクラブ以外の団体 小城市柔道協会、県障がい者卓球協会(小城市)、トヨタ紡織九州(神埼市・ハンドボールとソフトボール)、大和町バドミントン協会(佐賀市)

 【特別功労賞】嬉野市剣道連盟、佐賀市ママさんバレーボール連盟、太良スイミングクラブ(太良町)

このエントリーをはてなブックマークに追加