北海道北斗市の山中で見つかった、陸上自衛隊のLR2連絡偵察機の一部の周りを調べる捜索隊=16日正午(共同通信社ヘリから)

 北海道函館市の函館空港の西側上空で消息を絶った陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌市)のLR2連絡偵察機が16日、北斗市の袴腰山(はかまごしやま)(616メートル)の山頂から東に3キロの山中で大破しているのが見つかった。周辺で機長の高宮城効1等陸尉(53)ら乗員4人も発見、全員の死亡が確認された。

 LR2は何らかの原因で墜落したとみられ、陸自が事故調査委員会を立ち上げ、事故原因の究明を進める。

 他に死亡したのは、副操縦士の柳田智徳3等陸佐(41)と、いずれも整備士の岡谷隆正2等陸曹(42)、玉木宏伸3等陸曹(28)。

 防衛省によると、自衛隊や道警、地元消防が1800人態勢で袴腰山などを中心に捜索。午前10時40分ごろ、広範囲に破片が散らばっているのを発見した。袴腰山は函館空港から約30キロ、北斗市の市街地から約14キロに位置し、木々が生い茂り住宅はほとんどない。

 河野克俊統合幕僚長は記者会見を開き「このような事故を再び発生させないため、原因究明を徹底し、再発防止策を速やかに講じる」と述べた。

 LR2は緊急搬送が必要な患者を函館空港で収容するため、15日午前11時23分に札幌市の丘珠空港を離陸。同47分ごろ、悪天候のため計器飛行で着陸しようとした際に管制官との連絡が途絶え、約1分後に函館空港の西約33キロで、航空自衛隊のレーダーから機影が消えた。

 国土交通省によると、最後の交信では空港の管制官が「高度3500フィート(約千メートル)を維持して(滑走路に)進入してください」と伝え、LR2から「了解しました」と応答があった。同50分ごろに函館空港に到着し、患者や医師を乗せて丘珠空港に戻る予定だった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加