来年5月に唐津東港に寄港するフランス船籍の小型クルーズ船「ロストラル」

 唐津市と佐賀県は16日、外国クルーズ客船が来年5月に唐津東港に入港すると発表した。乗客定員264人のフランス籍船が日本周遊ツアーで寄港する。外国クルーズ客船の県内寄港は初めてで、県や市は今後の誘致に弾みを付けたい考えだ。

 入港する「ロストラル」は小型クルーズ船で1万700トン、全長142メートル。2014年から秋と春に日本周遊クルーズを運行している。今回は大阪発で高松、広島、唐津、蔚山(ウルサン)(韓国)、その後に日本海の港を巡り、小樽着の11泊12日。1人85万~198万円で、参加外国人は航空機で入国し、2日間の京都観光後に乗り込む。

 県や唐津市によるポートセールスが実った。唐津港には18年5月21日の午後1時入港、同7時出港。滞在時間は短いが、今後、市は茶摘みや茶道など日本文化を体験できるツアーを旅行会社に提案していく。

 国内クルーズ船は3社が1隻ずつと少なく、唐津港の利活用には外国船誘致が課題となっている。国内の周遊は自国船籍に限るというルールから、外国船のクルーズは寄港地に必ず韓国やロシアの港を入れる日程で、韓国に近い唐津は寄港地となる可能性がある。

 唐津市みなと振興課は「後に続く船が出るために、唐津の魅力を伝えるとともに、CIQ(税関、出入国管理、検疫)の面でもしっかり実績をつくりたい」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加