「春には御衣黄桜(ぎょいこうざくら)が楽しめます。お出かけください」と呼び掛ける中林正太さん

■支え、助け合う地域に

 嬉野市嬉野町春日地区にある分校カフェ「haruhi(はるひ)」は、2002年に廃校になった旧吉田小学校の春日分校を再生したカフェです。営業は土曜と日曜で、日替わりランチや手作りスイーツが好評です。

 運営しているのは、以前から嬉野の活性化に取り組み、市内でデイサービス宅老所「芽吹き」を経営している中林正太さん(30)。「100年以上の歴史と地域の方の思いが詰まったこの場所を残していきたい」と昨年3月にオープンさせました。

 中林さんは「haruhiを拠点に、人々が集い、支え合い助け合う地域づくりを目指していきたい」と話していました。

(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加