野党4党の国会議員との面会後、自宅前で取材に応じる籠池泰典氏(中央左)。籠池氏は森友学園を巡る問題について、国会で説明する意向を示した=16日午後、大阪府豊中市

 自民、民進両党の国対委員長は16日、電話で会談し、大阪市の学校法人「森友学園」の理事長退任意向を示している籠池(かごいけ)泰典氏の証人喚問を23日に衆参両院の予算委員会で行うことで合意した。17日に議決し、正式決定する。籠池氏は16日、参院予算委の視察団などに、2015年9月に講演で訪れた安倍晋三首相の昭恵夫人から「安倍首相からです」と言われ、小学校開校への寄付金として100万円を受け取ったと主張した。首相は自身の寄付を否定した。【共同】

 公明党も証人喚問に同調した。虚偽の答弁を行えば、議院証言法に基づき処罰の対象となる。与党は籠池氏の国会招致を拒否していたが、世論の批判が強く、一転して野党と証人喚問で合意した。疑惑の払拭(ふっしょく)につなげられるかが焦点になる。

 衆参両院の事務局によると、証人喚問は12年4月、AIJ投資顧問の年金消失問題を巡り、衆参両院で行われて以来。与党は23日午前に参院予算委、同日午後に衆院予算委で2時間ずつ実施したい考えだ。

 参院予算委の視察団によると、籠池氏は16日、設置認可申請を取り下げた大阪府豊中市の小学校用地で面会し、小学校に関し「安倍首相からの寄付金が入っている」と明らかにした。この後、豊中市の自宅で民進、共産両党など野党4党の代表者と会い、一連の問題について国会で説明したいとの意向を示した。参加した社民党の福島瑞穂副党首によると、籠池氏から寄付金名簿を見せられたが、首相と昭恵夫人の名前はなく、これについては籠池氏が国会で説明するとした。

 寄付金に関し、菅義偉官房長官は記者会見で「首相に確認したところ『寄付はしていない。昭恵夫人、事務所など第三者を通じてもしていない』ということだ」と述べた。一方で「夫人個人で行ったかどうかを確認しているところだ」と語った。首相は「官房長官から話があった通りだ」と官邸で記者団に述べた。

 視察団は大阪府庁などへのヒアリングも実施した。府は「認可適当」とした過程で政治家の関与はなかったと説明。学園が運営する幼稚園への補助金支出に関し、21日に立ち入り調査する意向も示した。

 ■証人喚問 衆参両院は憲法62条に基づく国政調査権を行使するための強制的手段として、証人の出頭、証言、記録提出を求めることができる。証人は証言前に「良心に従って真実を述べる」などと宣誓。出席が任意である「参考人招致」とは異なり、正当な理由なく出頭や証言を拒否したり、宣誓後に偽証したりした場合は刑罰の対象になる。偽証罪は3月以上10年以下の懲役が科される。証人が病気で出席できない場合、委員を病院などに派遣し尋問することもできる。

このエントリーをはてなブックマークに追加