南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報を廃棄したとしながら、陸上自衛隊が今年1月ごろまで電子データで保管していたことが分かった。岡部俊哉陸上幕僚長に事実関係が報告され、陸自はいったん公表を検討したが、防衛省統合幕僚監部の幹部が保管の事実を非公表とするよう指示していた。複数の防衛省幹部が16日、明らかにした。稲田朋美防衛相は特別防衛監察の実施を指示し、全容解明を目指すが、野党は「隠蔽(いんぺい)に次ぐ隠蔽だ」と批判を強めている。

 資料は存在を伏せたまま破棄されたとの証言も省内にあるが、稲田氏は衆院安全保障委員会で「破棄を指示するようなことは断じてない」と強調。「徹底的に調査し、改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」と述べ、辞任を否定した。

 制服組トップの河野克俊統幕長は16日の記者会見で、監察を受ける事態を「深刻に受け止めないといけない」と述べた。岡部氏は同日夜の取材に日報の存在を把握していたことを否定せず「(コメントを)控えさせてください」と述べた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加