武雄高校の卒業生でつくる武陵会関西支部(中村重人支部長)は8日、大阪市内のホテルで総会を開いた。春に卒業した大学生を含めた約100人が参加し、交流を深めた。

 中村支部長は「助け合い、励まし合い、強い絆をもって活動を」とあいさつ。来賓として出席した武雄高校の山口孝校長が同校への使途を指定したふるさと納税や寄付の感謝を述べ、「全国各地で活躍している先輩方の姿が生徒たちの励みになる」と語った。総会では事業報告、新年度役員の紹介などがあり、懇親会では全員で校歌を合唱し、世代を超えて交流した。

 【写真】総会であいさつする中村重人支部長=大阪市

このエントリーをはてなブックマークに追加