警視庁サイバー犯罪対策課は16日、インターネットバンキング利用者の預金を、自動的に別口座に送金する新型ウイルスが昨年12月以降に国内で確認されたと公表した。実際に被害も出ているが、件数や被害額などは分かっていないという。スパムメール(迷惑メール)などで感染するといい、同課は不審なメールを開かないよう注意を呼び掛けている。

 同課によると、新型ウイルスは「DreamBot」と呼ばれ、スパムメールのリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりすることで感染する。利用者がネットバンキングのサイトにログインすると偽画面を表示し、取引ごとに暗号が異なる「ワンタイムパスワード」を要求。入力と同時に別の口座に送金する仕組みだ。

 同課は「普段と違う画面が表示されたら注意してほしい」としている。

 情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」によると、DreamBotに感染させることを狙ったメールは今年2月だけで約20万通送られたとみられる。

 また、パソコンがこのウイルスに感染しているかどうかは、産官学の連携組織「日本サイバー犯罪対策センター(JC3)」のホームページで確認できるという。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加