閉会中審査で、前川喜平・前文科事務次官に質問する民進党の大串博志政調会長=衆院第1委員会室

 民進党の大串博志政調会長(比例九州)は10日、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡る衆院文部科学、内閣両委員会連合の閉会中審査で質疑に立った。

 大串氏は野党側参考人の前文科省事務次官の前川喜平氏に、「問題の背景に官邸の存在を感じた理由は」「なぜ加計ありきと感じたのか」と質問し、「行政がゆがめられた」とする前川氏の主張を引き出した。

 前川氏は昨秋に官邸に呼び出され、和泉洋人首相補佐官から「首相は自分の口からは言えないから私が代わって言う」と対応を急ぐよう求められたと主張した。大串氏は菅義偉官房長官に、「1年以内の話なのに和泉氏は確認できないという。どちらが事実か、突き合わせなければならない」と和泉氏らの証人喚問に応じるよう求めた。

 菅氏は「国会のことは国会で決める」と答弁。大串氏は「安倍首相は『国民に丁寧に説明する』と言っているが政府全体に行き渡っているか疑問だ。首相自ら予算委員会でしっかり語ってほしい」と指摘した。

 終了後、大串氏は「証人喚問に応じるという前川氏に比べ、政府が十分に説明責任を果たそうとしない姿勢が浮き彫りになったのではないか」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加