JR九州は17日、2017年春闘で賃金水準の底上げにつながるベースアップ(ベア)を月額一律300円実施すると労働組合に回答した。ベアは3年連続で、前年実績に比べ200円減少した。

 一方、ボーナスに相当する夏季の一時金は、昨年4月に発生した熊本地震の影響などを考慮して、昨年より0・06カ月分引き下げて2・52カ月分とした。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加