多布施川沿いのごみを拾う神野公園ウオーキングクラブの会員ら=佐賀市

 19日開催の「さが桜マラソン2017」を前に、佐賀市の神野公園ウオーキングクラブの会員が16日、神野公園近くの市道で清掃活動を行った。

 清掃活動には同クラブから9人が参加。さが桜マラソンのコースとなっている多布施川沿いの市道など約5キロにわたりごみを拾った。川沿いには空き缶やたばこの吸い殻が多かったという。

 清掃活動は自分たちが歩く場所をきれいにしようと約10年前から年4回のペースで取り組み、春は桜マラソンの時期に合わせて行っている。同クラブの吉岡邦彦会長は「ごみなどがあると気持ちよく走れない。多布施川を見ながら佐賀の景色を感じて走ってほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加